メンタルケア

他人の荷物を持ち出した、小っ恥ずかしい間違いにメンタルケアアドバイザーが立ち向かうと?

メンタルケアアドバイザー養成講座課題

勘違いで、他人の荷物を持ち出してしまいました。

パン屋さんのレジ下に置いていた義母の荷物を持ち出した時、同じスーパーの袋に入っていた他人のものまで運んじゃいました。

少しもやもやしたので、第3回のメンタルケアアドバイザーの課題に取り上げて解決を図ります。

課題終了後は

他の客Aは気の強そうな人だったけど、なんとか怒りを収めてくれたのがわかりました

気にする方なら一度他人の手に渡ったものだと、「弁償してくれ」など、クレームに発展する可能性があったことにも気が付きました。

メンタルケアアドバイザー第3回課題の題材

今回のメンタルケアアドバイザーの課題の題材は

いつ   2019.7月
どこで  近所のパン屋さん
誰と   義母 私 ほかの客A
何をした 私は他の客Aの荷物を間違えて持って行った

私と義母はスーパーで買い物後、隣のパン屋さんに入りました。最初はほかの客がいなかったので、義母のスーパーの荷物をレジ下に置きました。

他の客Aが店内に入ってきたので、早めにパンを購入して、義母は支払い、私は(義母の)スーパーの荷物を持ち、外に出ました。

車まで荷物を持って行ったところ義母が「このスーパーの荷物は私のじゃない」と。私は他の客Aの荷物まで運んでしまったのです。

なぜメンタルケアアドバイザー講座にこの題材を取り上げたのか

なぜかというと

  1. ちょうど良い悩み 重すぎず軽すぎず
  2. 自分だったらそこまで怒らなかったと思うから
  3. 他の客Aは私の苦手なタイプの人物だったから
  4. 小さなトラブルをすっきりさせて、大きなものにもいつの日かトライ

と思うからです。

小さな悩みの解決方法が理解できると、きっと大きな悩みも解決するはずだと思うんですね。いつの日か真正面からとらえて、長年のしこりをすっきりさせてやろう。そのためには小さな悩みをすっきりさせてみたいんです。

課題はどういう風に進めたか

パン屋さんパン屋さんでの出来事

メンタルケアアドバイザー養成講座の第3回課題はまずノートにざっと流れを書きました。

メンタルケアアドバイザーメンタルケアアドバイザー養成講座課題

次に解答用紙に写して

メンタルケアアドバイザー
提出するという感じ。これだと訂正が少なく結局時短されて満足しています。

課題を提出後に感じた気持ちの変化

正直に言うとこんな感じです。メンタルケアアドバイザー養成講座
お互いのいやなことが明確になり、自分や相手のこだわり(モノサシ)がはっきりしたと思います。

ここで相手との共通点を見つけると

メンタルケア・アドバイザー養成講座

というところにあることが分かりました。
だからお互いケンカにならずに済んだのです。これが私の発見した他の客Aとの共通点ということになります。

相手との食い違いと共通点を見つけることで納得

初対面の相手でも、これだけ好き嫌いがはっきり出るもの。今回は1度きりのいざこざなので、セルフカウンセリングで片が付きそうです。

食い違い

他の客Aは、もたもたする客がきらい。用事があるので早く帰りたいという気持ちの焦りがありました。

私と義母は一緒に楽しく買い物をしていたので、おしゃべりしながらゆったりとした感じ。しかし他の客Aのプレッシャーは感じていました。

つまり、

その場でのテンションが全く違っていた

のが食い違っていた点だと思われます。

共通点

共通点は「なんとか気持ちを抑えて対応した」というところかな、と推測しています。

他の客Aは「他人の手に渡った食べ物なんて触る気しないけれど、間違ったことを一生懸命謝っているので、しょうがない」

私たちは「急げ急げビーム出してるから間違ったじゃない。だいたい同じ場所に同じ袋を置くのが間違いの元だ。でも持って行ったことは謝ろう」

ということで共通点は

お互い我慢したことが共通点だった。

と思っています。

どんなシチュエーションで応用する?

今回は他人とのいざこざを課題にしました。

他人とのすれ違いですらコレなので、職場や家族のこととなるとさらにややこしくなりそうです。

避けて通れない職場や家庭での人間関係ですが、相手との考え方の違いと、相手との共通点を見つけると

人間関係の落としどころ、納得しどころが見つかりました。私の場合で言うと「お互いぐっとこらえたじゃないの。」という点ですね。

嫌いな人との共通点を見つけて、納得するという体験は貴重です。落ち着きますよ。腹が座るというか、生きている以上はしょうがないという気持ち。ぜひメンタルケアアドバイザー養成講座にトライしてみてください。

チチンプイ格言

メンタルケア・アドバイザー養成講座でニガテなタイプの人と共通点がわかりすっきり。考え方や態度には違いがある場合は、行動に共通点があるかもしれません。面白いわ。

メンタルケアアドバイザー養成講座がくぶん

メンタルケアアドバイザー養成講座はセルフカウンセリング形式で「書いて」悩みを解決していきます。自分の悩みを解消しながら、メンタルケアアドバイザーの資格取得が可能なので、一石二鳥なのが特徴。

メンタルケア・アドバイザー養成講座 がくぶんメンタルケア・アドバイザー養成講座

家族や職場での人間関係は、積もり積もって複雑になりやすい傾向があります。
こんがらがってしまった糸を少しずつほぐすように、セルフカウンセリングしませんか?

公式サイト
資料請求