おひとりさま

50代女性結婚したい。婚活は相談所登録から?確率をあげよう。

50代 結婚したい

50代女性が結婚したいなら、日常生活の枠から一歩外に出なければいけません。毎日のルーティーンでは見つからない出会いを外に求めるなら、相談所登録もアリです。結婚したいと思っている男性と出会うことから始めた方がいい。このまま一人では寂しいと切実に思っている方に相談所利用はオススメです。

50代結婚したい!!

50代結婚したい
没イチ バツイチの婚活サポートも Kizuna

私の場合は20代後半で結婚しました。子は娘が一人ですでに成人しています。結婚生活には金銭面や子育ての葛藤、パートナーへの不満や家族づきあいなど問題はたくさんありました。時間をかけて解決していって今があります。

かたやしっかりと仕事をしてきてひと段落した50代の方は、今から結婚しする方が私より苦労が少ないと思えます。それは

  • 子育てを求められない
  • 義理実家から頼られることも少ない
  • ご主人になる方だけ見ていればいい

という点。悩み多い子育てや付き合いが少ない状態だから、お互いのことを思いやれるからです。実際、子育て終了後のほうが夫婦喧嘩は少ない。笑って済ませられます。

相談相手がいる、家族がいるという心強さは大きい!!

50代婚活を成功させるには出会いを増やそう

50代の婚活サービス

50代で婚活を本気で成功させるには、出会いの数を増やさなければいけません。それも結婚したいと思っている独身男性と、なるべく多く出会うことですね。

50代で独身の男性ってまだまだ若いし、結婚したいと希望している男性は思った以上に多い。子供を希望している場合は自分の世代より若い女性を選びますが、落ち着いた生活を望む方は同年代の女性を希望します。同年代の男性と出会う可能性はまだまだ高いんです。

結婚相談所の利点

50代結婚相談所
Kizunaでの婚活は必要書類の提出を義務付けています。

結婚相談所の利点として

結婚相談所の利点
  1. 自分と同じニーズを持つ男性と出会える
  2. お相手の身元がはっきりしている
  3. 身の回りだけでは出会えない人と出会える
  4. 自分がキレイになる
  5. 女性としての心遣いの大切さを知る

と思っています。知らず知らずのうちに出来上がってしまった行動パターンだったり、考え方だったり。男性から望まれる女性になることが、どういうことなのかが婚活中にわかってきます。

実生活でも「優しさ」の大切さが理解できると、周りの空気まで変えてしまいます。本当にそうなのです。

自力での出会いはほぼ無理じゃないか?と思う

50代の婚活お見合い

結婚したい、という思いを女性が持って男性に近づくと、男性のほうはたじろいてしまう事が多いです。もしかすると全部持っていかれてしまうのではないかと思い始めます。

特に男性は保守的です。

いざとなると、今まで一人で暮らしてきた生活を選ぶこともあります。

安全な一人暮らし捨てて、自分を選んでもらうなら思いやりを持って男性に接するべきです。「家族がある生活」をイメージできるようになると、結婚への道はかなり近くなると思います。

お相手が結婚生活にむいているかどうかがわかる

50代結婚相談
お相手のイメージがつかみやすいKizunaの自己PR

結婚したことがある男性なら、結婚生活がどんなものかを理解することができます。結婚生活に耐えられるのかどうか?自分で「結婚したい」と思ったから、再度挑戦している男性を選ぶことで

ある程度、期待ができるのではないかと思います。また、相談所を利用することでより早くお互いのニーズを合致させることができます。

家事分担ができる男性は思いやりがある

一人暮らしで家事に慣れている男性なら、気軽にお皿洗いや洗濯など行ってくれる。自分がやってきているので、気苦労なく家事ができるんです。

家事分担ができる男性は思いやりがあるし、相手のことを気遣うことができます。

うちの場合、結婚25年の夫は風呂掃除を週1回のみ不定期でやってくれますが、当てにできるレベルではありません。私が疲れていようと家事を手伝う気がないので、冷たい人だなと思うことも多々あります。損してますよね、夫は。

結婚相談所なら、こんな男性を選ぶ確率が少なくなるかもしれません。事前に問合せできるからですね。

50代婚活成功は世界を広げる

実際に婚活をしていくことは、自分の世界を広げるきっかけになります。

女性としての魅力とはどんなものか?
男性との生活にはどんな女子力が必要か?

など、普段は考えない女性としての自分の姿を顧みることができるんです。女性としてどんなことが求められているのかを知る、ということは今ある自分をより魅力的にすることができる。

男女の違いを理解してお互いをうまく頼ることで、結婚生活は成り立っていきます。女性らしさというべたっ、とした感じがイヤならおひとりさま生活のほうを選ぶべきです。

お互いの良いところは利用して頼りあうのが結婚生活。男性には頼りがい、女性にはやさしさがあると魅力的に映る。今まで頑張ってきた人格をさらに広げるのが婚活だと思っています。

伝え方コミュニケーション検定は就活で生かせます!!

2020年は三密を避けるためにZOOM面接が主流となり、就活のやり方が全く変わってしまいました。

今後もこの状況は続きますが、就活は待ってはくれません。

就活対策として「伝え方コミュニケーション検定」を受講することをオススメします。

伝え方コミュニケーション検定の利点

伝え方コミュニケーション検定を就活時に受講する利点は

  • 履歴書の資格欄に記入することができる
  • 企業が欲している「コミュニケーション能力」が身に付く

という点です。

伝え方コミュニケーション検定初級講座

履歴書の資格記入欄に記入することができる

文部科学省の調査研究事業として採用されたこの「伝え方コミュニケーション」講座。教員研修の一環として黒部市に採用された経歴を有する講座です。

履歴書に記入すると、気づく面接官はしっかりとチェックを入れてくる講座です。

例えばですが

  • 学生と社会人では必要とされるコミュニケーション能力が違うので、学んでおこうと思いました。
  • 相手に伝わりやすいコミュニケーションの方法を学んでおこうと思いました

面接官が検定内容を掘り下げて聞いてきたら、相手の印象に残ったことになります。受講していてよかったと思える資格です。目に留まりやすい講座です。

伝え方コミュニケーション検定初級講座

企業が欲しているコミュニケーション能力が身に付く

企業が欲しているコミュニケーション能力とは

企業が求めるのは相手の話をきちんと聞き、それに対する自分の考えを示しながら論理的に話し合う力。

朝日デジタルより引用

と言われていて、学生が考える「コミュ力」とは大きく乖離しています。社会人になるにあたり、知識として持っておくと有利です。

自分と同じタイプの人を評価する

話が通じやすい相手というのは自分と似ている人です。
面接官にもタイプがあり、同じタイプの人を採用する傾向があります(これは企業的にみると偏った採用になると思われます)

このように採用担当者は、

「自分と同じタイプの人を評価しやすい」=「自分の価値観が採用の判断基準になりやすい」

のです。

JBANより引用 (伝え方コミュニケーション講座主催企業)

面接官に響くかが採用の分かれ目

厳しい就職活動になる2022卒。今後数年は続くと言われるコロナの影響をうまく乗り越えるために、余裕のある今からコミュニケーション能力を育てておくと、今も後々にも役立つと思っています。

伝え方コミュニケーション検定初級講座