wordpress初心者講座

ワードプレス初心者講座(7)管理画面に入って骨組みづくり。

さっそくワードプレスの管理画面に入って骨組みづくりを始めましょう。

ワードプレスの管理画面はhttps://独自ドメイン/wp-admin/でidとパスワード入力で入れます。

ワードプレス管理画面で何を設定するか?

簡単ワードプレス開設でとりあえず器は出来上がっているので、管理画面で何を設定するのか大まかにいうと

  1. 自分の好きなテーマをアップロードし有効化
  2. そのテーマの設定に沿ってプラグインをダウンロードし有効化
  3. パーマリンク設定はきっちりと

となります。テーマのサイトに設定の方法が記載されていることが多いので、ご自分の好みに合ったテーマを選びます。有料のテーマはこの辺の説明が丁寧なものが多く、操作が簡単にできる工夫がされています。

おすすめは

初心者さんが使いやすい有料テーマです。また、設定の説明が丁寧なので、迷う時間が少なくて済みます。私もjinを使ってます。複数のブログに使えるテーマなのでコスパがいいうえ、一度使い方を覚えたら後のブログ作成は簡単です。TCDも使いましたが、そちらより簡単。

今回作成する記事の塊

今回は上図のピンク色の記事9個書いていきます。実際に新ブログを立ち上げて、記事の骨組みを作っているページを見ることができるようにしています(期間限定なので、なるべく早めに見てくださいね)

基幹記事(お悩み記事)キーワード コミュニケーション能力 ビジネス


上記の赤枠4記事へのリンクと、青点線へのリンクを記事内に設置します。全記事へリンクする中心となる記事で、基幹記事です。リンクが多いので検索順位が上がってほしい記事でもあります。

補完記事(一般)キーワード アピール

一般記事なのでお悩み記事と比較記事へリンクを貼ります。

 

補完記事キーワード(一般キーワード) エピソード


一般記事なのでお悩み記事と比較記事へリンクを貼ります。

補完記事キーワード(一般キーワード) 協調性


一般記事なのでお悩み記事と比較記事へリンクを貼ります。

補完記事キーワード(お悩み記事)短所・言い換え


比較記事は商標記事2個へリンクを貼ります。

比較記事

比較記事は商標記事2つとランディングページへリンクを貼ります。

商標記事(2つ)

商標記事2個は比較記事とランディングページにリンクを貼ります。

LP ランディングページ

ランディングページは商品ページへ誘導するので、それ以外のリンクは極力貼らないようにします。

骨組みづくりまとめ

一通り作成してみて、分かりづらかったのは

  1. 基幹記事ってどうやって決めるの?
  2. 作図はできたけど、図の通りブログを作れるの?
  3. ほんとに出来上がるのか?

という気持ちでしたが、作図してやったので思いのほかスムーズに出来上がりました。図がないとできないので、面倒でもやりましょう。私の場合は基幹記事が検索順位で上位に来るかどうか、結果が出るかどうかを見たいです。

チチンプイ格言

確かに面倒な手法ですが、意図をもって記事の役割やリンクを貼っているので、安心してやり遂げられました。まだ記事は一部なので、これから増やす予定ですよん。

エックスサーバーとエックスドメインは後悔なしだよ

エックスサーバーとエックスドメインは面倒な連携作業もボタン一つで終了します。初心者にわかりづらいネームサーバー設定もあっという間に完了し、ワードプレスも簡単導入。

一通りの作業を済ませると、あっという間にブログを書き始められることが魅力です。

独自ドメイン取得契約とサーバー契約会社が同じが良い理由

ずばり

  1. 管理が楽
  2. 設定が楽

この2つに尽きます。特に一つのサーバーパネルでサーバー管理とドメイン管理ができるエックスサーバーをオススメします。

ばんそうこう
ばんそうこう
サーバーパネルを見るとやりたいことの一覧が表示されます。マニュアルを読みながら作業できるので、思っているよりもとっつきやすいのも初心者への魅力です。

ドメインとサーバーの管理が楽

ドメインとサーバーは年一回更新します。バラバラの会社に契約すると、チェックを忘れて更新できない、などのミスが発生しやすいんです。

ばんそうこう
ばんそうこう
特に何年も同じブログを書いていると、慣れっこになってしまって更新し忘れることもあります。同じにしてみるとほんと楽なんですよ。

ワードプレスの設定が楽

エックスサーバーのサーバーパネルにはワードプレス簡単インストール項目があります。本当に簡単なの?という方にも、これ以上簡単なワードプレス開設はなかなか見つけられないのではないでしょうか。

ボタン一つで開始、マニュアルを見ながらの作業。
楽な道を最短距離で走るなら、エックスサーバーとエックスドメインで揃えて置くことをオススメします。

ばんそうこう
ばんそうこう
実は他社からドメインとブログを移行したことがあり、その際のカスタマーセンターの対応が、初心者の私にとってスピーディで的確で分かりやすかったのが推しのポイントでもあるんです。親切!!